ご挨拶を含め、マームの社歴・ロゴについてご説明させていただきます。

ご挨拶

宮﨑 潔

事業本部長

障がい児・者の医療と福祉の両面から関わりを持たせて頂き40年以上。とりわけ知的障がい・自閉症の方々への職業リハビリテーションに重きを置き実践と研究に努めて参りました。

私「マーム」は利用される皆様が『利用して本当に良かった』と心から満足していただけるよう、日々サービスの提供に努めなければならないと考えています。

松浦 真美

理事長

近年、障害者雇用に積極的に取り組んで下さる関係者の協力の元、この法人を設立しました。私共の理念は、障害があっても社会で
活躍できる人財を育てる事です。そのために何をしたら良いか日々考え、基本を大切に実践し、より良い効果をもたらして参りました。平成28年度から更にパワーアップし、医療、福祉、教育、行政、民間を経た支援員等を配置しサービスを提供して参る所存です。まだ精進しなくてはなりませんが常に感謝の気持ちを持ち続けて太陽の様な存在でいたいと思います。どうぞ宜しくお願いいたします。

 

山﨑 尚樹

所長 兼

放課後等デイ管理者

就労移行支援事業所「マーム」が、平成23年4月に名古屋市中区にオープンして、無事9年目を迎えることができました。これまでに延べ259名の方にご利用頂き、多くの方がご就職されました。就職後も、それぞれの職場で皆さんが立派に活躍されており、大変うれしく思っています。

これからも、訓練を通して、訓練生皆さんの光る部分を更に輝かせることができるようなお手伝いを続けていきたいと職員一同思っておりますので、今後ともご協力の程よろしくお願い致します。

大岩 雅子

相談支援専門員

18年間の精神科クリニックでの経験を活かし、平成26年4月から相談支援センター「マーム」で相談支援員として勤務をしております。生活に関すること、仕事に関することなどのお話を伺い、必要であれば福祉サービスを利用するための書類を作成したりしています。この「マーム」では『感謝の気持ち』をとても大切にしています。私もその思いを受け継ぎながら、みなさまと一緒に時には涙をし、時には笑い合いながら、水先案内人として少しでもお手伝いが出来ればとおもっております。

野村 友和

就労定着支援センター 施設長

平成30年10月より就労移行支援事業所「マーム」では現場支援に特化した就労定着支援の新しい部署が設立されました。就職された方が職場定着して安心して就労できるよう、また働くことが喜びにつながるよう、働く方の意見を尊重しながら、就職先のご担当者様と連携を図りサポートをさせていただきます。

​ また、働くことでみえてくる一人ひとりの方の可能性を引き出しながら、新たな成長や職域開拓のきっかけになりますよう、努めて参ります。どうぞよろしくお願い申し上げます。

社歴

平成23年3月 2日 NPO法人障がい者自立支援センターなごや 設立

平成23年4月 1日 就労移行支援事業所「マーム」開所 定員20名

平成24年4月 1日 定員35名へ増員

平成25年4月 1日 移転(名古屋中区平和1丁目1番20号東別院3番出口ビル9階) 定員50名へ増員

平成26年3月31日 就職者100名 

平成27年4月 1日 相談支援センター 開所

平成28年4月 1日 定員60名へ増員

平成28年8月 1日 放課後等デイサービス 開所  

​平成30年10月1日 就労定着支援事業 開所

ロゴ

「マーム」はお母さんという意味。

 優しい心・愛・包容力を表しています。

「マーム」の頭文字“M”をハートにイメージしています。